足治療法のケア対象者

足治療法のケア対象者 :
健康な方から医師の処方を基に通われる利用者も多く、年齢層から治療目的も多種多様となります。その例を一覧表にしてご紹介いたします :

一般対象者 利用内容 足治療法士が主に出来ること
成人 日常による足の痛み、疲労 一般ケア、インソール作成
女性 女性ホルモンの影響、妊娠後期の際、足へのアクセスが困難 一般ケア、リスク管理
子供 成長過程における足の変化(脊椎側彎症なども注意) 予防、インソール作成
高齢者 高齢化に伴う足の変化 一般ケア、リスク管理、予防、装具またはインソール作成
スポーツ選手 スポーツによる足への負担 一般ケア、リスク管理、予防、装具またはインソール作成
疾患 利用内容 足治療法士
糖尿病 足病変への取り組み 一般ケア、リスク管理、予防、装具またはインソール作成
循環器 循環器障害による影響 一般ケア、リスク管理、予防
変形性関節症 下肢関節の変形による足部への影響 一般ケア、予防、装具またはインソール作成
神経障害 感覚障害による足部への影響 一般ケア、リスク管理、予防
がん 抗がん剤(化学療法)による足部(特に爪)の影響 一般ケア、リスク管理、予防、爪の補強
その他 その他の疾患や治療における足部への影響 必要に応じて判断

足治療法士は訪問ケアを必要とされている方のための管理能力と対応力を持ち合わせております

訪問ケア用の足治療法キット
訪問ケア用の足治療法キット