日仏合同企画

日仏合同企画 :

2014年、日本の企業である「株式会社GENEROUS」の代表取締役である小山社長と「リリ・フィジオ®グループ」の代表取締役である安倍社長の両名はフランスのPEDICURE-PODOLOGIEについて強い関心を示されており、パリのECOLE D’ASSASを視察されました。
フランスにおける足治療法士の教育、技術そしてリハビリテーション職としての役割を本校の代表者より直接訪ね確認することが出来ました。
両社長が求めていたものは足部のケアを施すだけでなく、これから必要とされる将来の日本社会を支える医療的観念を取り入れたプロフェッショナルの普及でした。
そのためフットケアが専門分野として確立しているヨーロッパ各国の事情を調査した結果、たどり着いた答えがフランス式足治療法「PEDICURE-PODOLOGIE」でした。
加えて数年前より日本とフランスの間ではリハビリテーション領域でも数々の交流活動が盛んになっていたため両国の信頼は厚く、日仏合同企画を立てるまでに至りました。
ASSAS Japanはフランスと日本の積み上げた交流と信頼が生み出した新時代の結晶でございます。

photo-assas-japan

2014年に開かれた日仏会談