日本社会における足治療法の必要性

日本社会における足治療法士の必要性

日本において現在最も重要視されている社会変化の一つが高齢化であります :

situation_au_japon_1

日本の高齢者の3分の1は足部に何らかの問題がある上、適切な靴を履いていない可能性がある。
6割の高齢者が自覚的に自分の足部ケアを実施しておらず、転倒へのリスクを高めている可能性がある。
参考文献 : 第57巻日本公衛誌第8号より (Japanese Journal of Public Health)

ASSAS Japanでは増加する高齢者に対し、足部ケアを視野に取り入れることが重要だと考えております。

様々な疾患の中には足部への影響が深刻なものが存在します :

特に糖尿病、高脂血症、がん(抗がん剤治療の副作用)においては足部への警戒はより一層重要だと思われます。
特に糖尿病、高脂血症、がん(抗がん剤治療の副作用)においては足部への警戒はより一層重要だと思われます。

ジョギングをする人口の増加 :

参考 笹川スポーツ財団:スポーツライフ・データ2012
参考 笹川スポーツ財団:スポーツライフ・データ2012

年々増えているマラソン人口は今までよりも多く足部への関心を高めていきました。健康に快適なスポーツライフを支えるためにも正しい知識とアプローチを備えたプロフェッショナルの育成は重要だと考えております。